学校の種類と社会的な意義

学校の種類と社会的な意義 記事一覧

学校の標識
学校は教育法に定められた一条校以外にも多く社会に存在する

世の中には一般的に「学校」と呼ばれている施設や機関はたくさんあります。日本における「学校」について、法律の学校教育法第1条では「学校とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする」と定められています。学校教育法第1条に定められた「学校」一条校とその他の学校私たちが「学校」としてまずイメージするのは、私たち自身が関わりを持つことになる、これらの「学校」...

続きを読む
校舎
国公立学校と独立行政法人や学校法人の事務職員は立場も待遇も違う

働く場としての「学校」を考える際、学校の理念や教育方針も大切ですが、すでに述べている通り、日本には様々なタイプの「学校」が数多くありますから、その「学校」を設置し、運営している組織や団体について把握することが重要です。国公立の「学校」 学校設置者の違いに注意まず、わかりやすいのは設置者が国や都道府県などの地方自治体である、いわゆる国公立の「学校」です。この場合の「学校」は、その設置者である国や都道...

続きを読む
採用試験
学校の意義を教育機関として社会的意義のあるフリースクールにみる

「学校」の種類について、実はまだ挙げていないものがあります。それが「無認可校」です。誤解して頂きたくないのは、法的に「学校」として認められていなくても、教室やスクールなどを開いて教育を行うことは自由なのです。「無認可校」についてフリースクールという無認可校法的に「学校」また「専修学校」「各種学校」などとして認められるためには、定められた敷地面積の確保や施設の設置、カリキュラム上の条件など様々な要件...

続きを読む
障害者手帳
特別支援学校で事務職員や教員になる方法と仕事のやりがい

特別支援学校の事務職員や教員になりたいという人が年々増えていますが、学校側もより多くの人材を必要としているので、採用のバランスは取れているようです。今は障害を持った人でも社会に出て働くという風潮が強まっているので、特別支援学校の事務職員や教員に対する社会からの期待も高まりつつあります。特別支援学校の事務職員になるために特別支援学校の職員になるには教員と異なり、事務職員になることはさほど難しくはあり...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク