特別支援学校で事務職員や教員になる方法と仕事のやりがい

特別支援学校に勤めて障害を持つ子供を支援し社会に送りだす

特別支援学校の事務職員や教員になりたいという人が年々増えていますが、学校側もより多くの人材を必要としているので、採用のバランスは取れているようです。

 

今は障害を持った人でも社会に出て働くという風潮が強まっているので、特別支援学校の事務職員や教員に対する社会からの期待も高まりつつあります。

 

 

特別支援学校の事務職員になるために

特別支援学校の職員になるには

特別支援学校の
職員になるには

教員と異なり、事務職員になることはさほど難しくはありません。

 

募集状況をこまめに確認し、職員志願書の「希望する学校種」で特別支援学校を選びます。

 

受け皿となる学校に職員の空きがあるかどうかが重要になるので、採用されるかどうかはタイミングが重要となります。

 

また、特別支援学校で働くことになれば、当然生徒と接する機会もあります。教諭と協力をして支援を助けましょう。

 

特別支援学校の教諭になるために

特別支援学校で働くためには、特別支援学校教諭等免許状が必要な自治体と必要ではない自治体があります。

 

ただ、実情として、免許状を必要としていない自治体でも保有者を優先して採用しているところもあり、全体として特別支援学校で働く約7割の人が免許状を保有しています。

 

この特別支援学校教諭等免許状は、現役の教員が取得することも可能です。

 

3年以上の勤務経験のある人が大学(放送大学等を含む)で必要な単位を取り、教育職員検定を申請します。

 

検定といっても、試験を受けるという意味ではなくて、教育職としての能力を証明できる各書類を集めて提出するというイメージですので、まずは大学で単位を取ることが大きな課題となります。

 

特別支援学校の仕事とやりがい

特別支援学校の職員には、生徒ひとりひとりに合った支援をするだけの体力や能力が必要です。

 

日常生活を含めた支援が中心となるので、色々なことを考え、行動しなければいけません。

 

また、季節ごとの行事も多いのが特徴です。これらから職員にかかる負担も重くなりがちです。

 

特別支援学校の職員は、自分たちの支援により生徒たちが生きる力を身に付けていくことをやりがいとしています。

 

今は障害を持っている人でも社会で働く必要のある時代です。

 

社会に出たときに当たってしまう壁を学校に通っている間にできる限り低くしてあげることが大切なのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク