学校事務職員は一般企業と比べ労働環境や条件が変動しない

学校事務職員の勤務は年間スケジュールが明確で景気に左右されにくい

福利厚生や社会保障などの具体的な労働条件については、他の業種と同じように国や地方自治体、特殊法人、民間企業の違いよるところが大きいと思われます。

 

ただ、働く側の考え方によって魅力にもなる「学校」ならではの労働環境の特徴はあると思います。

 

 

年間を通してのスケジュールが明確

スケジュールが明確

スケジュールが明確

「学校年度」に基づいて進行する「学校」は決まった時期に決まった行事が行われるため、行事が休日に実施されるものもありますが、新たな年度が始まった時点で把握できますし繁忙期も非常に明確です。

 

猛暑やインフルエンザの流行といった健康面での配慮から進行の調整が行われることはありますが、ある程度予測の上で計画的に実施される場合が多いです。

 

また、学習塾など目的が決まっている「学校」でも、その目的に応じてスケジュールは決まりますし、繁忙期もハッキリしています。

 

逆に、社会人向けのスクールや通年で生徒を募集しているような「学校」は土日・祝日を含めたシフト制を導入しているところが多いと考えられますが、シフト制であることをわかった上で働くことになるので、ある程度割り切ることが必要です。

 

“シフト制である”という勤務形態という意味では、スケジュールが明確であると言えるでしょう。

 

景気の動向や社会情勢の影響に対する“力”

スケジュールや決算時期 ( 繁忙期 ) などは、一般の企業についても大抵は決まっているものですが、それでも、世間の景気や流行、クールビズや節電対策など社会情勢の影響で勤務体系が大きく変更になったりすることなどがあります。

 

そうなると、出費の増加に伴う業績の悪化などの影響が出てくる可能性もあります。

 

もちろん「学校」経営につていも、世間の景気の動向や社会情勢が影響する部分はあります。

 

特に私立の「学校」においては学生・生徒の確保の問題に大きく影響するでしょう。

 

「学校」の種類や経営状況によっては、新規生徒の獲得が難しい上にすでにいる生徒が辞めていくという、二重の困難に陥ることも有り得ます。

 

ただ、保護者が多少無理をしても子どもにより充実した教育環境を与えたいと望むように、「教育」という分野そのものに、景気の悪化に左右されにくいという側面はあると思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク