学校事務職員で教育に関わることは社会的に評価をされる

優れた人材を育てる学校の役割と教育は社会的な評価を受けている

具体的に「学校」の職員を志す以前は、「学校」で働くということに対してどのような印象を持っていたでしょうか。

 

「教育」や「人材育成」は社会的にとっても大変重要です。

 

そのような分野に携わるということは、それ相応の評価もされているのではないでしょうか。

 

 

教育に関わる仕事をするということ

社会的な評価

社会的な評価

パソコンなどに導入するソフトウェアの中に、アカデミックパッケージというものがあるのをご存じでしょうか。

 

これは、各メーカーで若干名称は異なりますが、「学校」をはじめ教育機関などに所属する生徒や学生、教職員などを対象に、格安の価格で販売されているものです。

 

内容はほとんどが一般発売のものと同じです。

 

このような廉価版が存在するのには、ユーザーの獲得のためだけではなく、各メーカーにおける社会貢献として、教育機関などの財源負担を軽減することで学術・教育活動の促進につなげようという目的もあるのです。

 

教育の分野は社会にとって非常に重要です。

 

その教育に携わる現場で働くということは、それだけ意義のあることだと言えるでしょう。

 

(※なお、「学校」の種類によっては、アカデミックパッケージが購入できる教育機関に含まれない場合がありますので、注意してください。)

 

優れた人材を育てるということ

例えば、あるオリンピック選手の競技拠点が庶民的な古めのスポーツジムだったり、暗算世界一になった子どもが通っていたのが個人経営の小さなそろばん塾だったりすることがあります。

 

ある分野で日本はもちろん、世界に名を知られるような人材を輩出した「学校」は、規模や内容にかかわらず、話題にもなりますし世間からの評価も高くなります。

 

もちろん、そうした成果は本人の努力があってこそですが、指導者を含めた環境としての「学校」の役割も決して小さくはないはずです。

 

具体的な成果があって評価が高まるというのは「学校」に限ったことではありませんが、義務教育など「教育」の重要な部分に関わる「学校」については、やはりそれだけである程度の評価をされているものと思われます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク