学校事務職員は子供の精神的・身体的成長に携われる仕事

学校事務職員の仕事は生徒にあった対応が必要なサービス業要素が含まれる

「学校」に限ったことではありませんが、特に人を対象としたサービス業の醍醐味は、利用者や顧客との交流だと思います。

 

その中でも「学校」は、「学校」の種類よって数ヶ月から数年間のまとまった期間、「学校」の職員という立場で、生徒・学生たちと接していくわけです。

 

人と接する仕事を志す人にとっては、とてもやりがいが感じられる環境であると言えるでしょう。

 

 

「学校」といえば子どもたち

生徒・児童との触れ合い

生徒・児童との触れ合い

一般的に「学校」と言われて想像するのは、小学校・中学校・高等学校といった未成年者が通う「学校」ではないでしょうか。

 

そして、そうした子どもたちと接し「教育」や「子どもの成長」に携わる仕事として「学校」の職員を志した方も少なくないと思います。

 

子どもと接する仕事には色々あると思いますが、長期的に子どもの精神的、身体的成長に携われる仕事としては「学校」は理想の環境の1つである事は確かです。

 

色々な要素を含んだ総合的な“サービス業”

同じサービス業でも、例えばホテルでは“おもてなし”の精神がとても大切ですし、ショップでは“迅速さ”や“臨機応変”な対応が求められることが多いと思います。

 

「学校」には様々な種類や規模のものがあります。

 

まさに、サービス業に従事するためのホスピタリティを学ぶ「学校」もあります。

 

ただ、「学校」は学生や生徒をもてなす場ではありませんし、臨機応変さは大切ですが迅速さよりも個人にあった対応が求められます。

 

そこには、生徒の年齢や「学校」の形態などは関係がないはずです。

 

そうした、様々なサービス業の要素が総合的に含まれているのが「学校」で働く上での難しさであり、またやりがいではないでしょうか。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク