学校事務職員が職場で知識と技術を習得し指導者になる

学校事務職員として仕事をしながら理解や造詣を深め指導者になる道も

「学校」の中には、色々な分野の知識や技術の習得の場としての役割をもつものもあります。

 

元から、その分野について興味があったり、また、「学校」の職員として仕事をするなかで興味を持ったとしても、それを学ぶ現場にいて間近で携わることができるということは、「学校」の職員として働く魅力の1つになるのではないでしょうか。

 

 

仕事をしながら理解や造詣が深まる

指導者に

指導者に

どのような業種でも、仕事についての知識は働いていく中で自然と身に付いていくものです。

 

自分の好きなこと、興味のあることであればなおさらでしょう。

 

仕事をする上でも知識が豊富であることはプラスになることはあっても、マイナスになることはないはずですし、興味のあることについて造詣が深まっていくことは、仕事に対するやりがいにもつながります。

 

また、深めた知識や理解が、自分の趣味や実生活に役立つことがあるかもしれません。

 

望めば努力次第で指導者になれる可能性も

とある技術に特化した製作工場で事務員として働いていた女性が、その技術に興味を持って職人に転向したという話題があるのですが、「学校」の種類や内容によっては、同じような道もあるかもしれません。

 

その女性が職人となった伝統技術は若い後継者が少なく、工場としても非常にプラスになったようです。

 

指導者となるためには、厳格な資格試験をクリアしなければならないものも当然ありますが、分野によってはふさわしい知識と技術を習得したと認められることで指導者になれることもあるのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク