学校事務職員としての心構え

学校事務職員としての心構え 記事一覧

校舎
学校事務職員は模範的・道徳的というイメージと社会的な立場

例えば、全く同じ状況の交通事故を起こした人が2人いて、1人はIT企業に、もう1人は自動車メーカーに勤務しているとします。事故で発生した損害、周囲にかけた迷惑は同じなのに、事故に対する印象に違いはありませんか?そしてそれは、自動車メーカー勤務の加害者の方に対して、より非難の意識があるのではないでしょうか。「学校」は、そうした世間から見られるイメージに、十分な注意と自覚が必要となる職場の1つなのです。...

続きを読む
図書館の書籍
学校事務職員は教諭や指導者ではないということをわきまえる

「学校」で働く魅力について、子どもたちに携わる仕事を求める人には理想的な環境の1つだという事は「学校事務職員は子供の精神的・身体的成長に携われる仕事」で述べました。また、興味のある知識や技術に深く携わることもできる恵まれた環境の1つだという事も「学校事務職員が職場で知識と技術を習得し指導者になる 」で述べました。このような中で、熱意がある人ほど気を付けなければならない事があります。それは、「学校」...

続きを読む
教室
学校事務職員は教師とは異なる距離感を生徒・保護者と保つ

「学校事務職員は決して教師や指導者ではないということをわきまえる」で指導者とのつき合い方でも述べたように「学校」の職員は決して教師や指導者ではないということ、そして、学生・生徒に対する「学校」職員という立場をしっかり自覚しなければなりません。教師とは異なる距離感を保つ教師と違う距離感を未成年を対象とした「学校」では、教師でないとしても子どもたちを預かる「学校」の職員ですから、子どもたちに危害が及び...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク