大学で学生に関する事務を担う学生課の仕事内容と就職の適性

学校事務のエキスパートである学生課で働く選択と向いている人材

学生や卒業生に対する窓口業務を担う学生課は、大学という大きな組織の中でも重要な業務を担っています。

 

学生課には、正規職員、非常勤職員、派遣職員など、さまざまな立場で働く人がいて、とくに受験シーズンから5月頃までの繁忙期には人員を補充することもあるほど、忙しい環境です。

 

 

学生課での仕事

学生課での仕事には次のようなものがありますが、一般企業でいうところの総務的な役割から広報、会計といった仕事まで幅広いのが特徴です。

  1. シラバス(学習計画)の作成
  2. 各種証明書の発行
  3. 学生証の発行
  4. 入学・休学・退学に関する手続きの受付
  5. 再試験や追試験の納付受付
  6. 学生寮の管理
  7. 学校行事の準備・運営
  8. 学内アルバイトの紹介

 

学生課で働く方法

学生課の仕事と就職

学生課の仕事と就職

学生課での仕事には、繁忙期と閑散期があるために、短期間だけ働く方法と年間を通して働く方法があります。

 

短期間での仕事であれば、派遣会社の求人情報をこまめにチェックするか、登録している派遣会社に、大学で働きたいことを伝えておくと効率良く仕事を探すことができます。 

 

また、国立大学では非常勤職員の求人情報を転職求人サイトやハローワークに出していることも多いので、こちらも利用すると良いでしょう。

 

学生課の仕事に向いている人

同時進行でさまざまな仕事をこなす必要のある学生課。

 

学生課で働くのであれば、変化を楽しむことのできる心のゆとりがあると良いでしょう。

 

学生課では学生だけではなく、他部署や他キャンパスとの連携も必要ですので、コミュニケーション能力も必要です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク