転職希望者の条件にマッチする求人を個別にオファーし支援を

転職希望者の条件にマッチする求人を個別にオファーし支援を

転職サイトやハローワークの就職支援を知っている、利用して学校事務職員の求人を検索した経験のある方でも、転職エージェントを利用した経験のない方も多いようです。

 

今や転職活動で欠かせない、転職に成功する、より有利に再就職するために活用すべき支援サービスが転職エージェントです。

 

 

エージェントが条件に合う求人をオファー

転職希望にマッチする求人をオファー

転職希望にマッチ
する求人をオファー

転職サイトやハローワークが、基本的に自分で求人を探し応募するのに対して、転職エージェントでは求職者にマッチした求人のオファーを受けて応募するという転職の進め方となります。

 

転職のプロであるエージェントが、登録された履歴書、職務経歴書をチェックし、条件や希望にマッチする求人を個別に紹介してくれます。

 

好待遇で条件の良い求人は非公開となるケースが多々あります。

 

非公開求人は、転職エージェントでも同じで、登録をしない限り、その求人の存在、発生さえ知り得ることは出来ません。

 

求職者が登録しその登録内容が、求人側企業が人材に要求する内容とマッチすると初めて求人の内容が分かる、オファーが受けられる、スカウトされる仕組みとなっています。

 

それぞれに違う求人を取り扱う

私個人の経験から、学校事務職員への転職を成功させるには、転職エージェント、転職サイト、ハローワークの全てを利用するべきと考えます。

 

その最も大きな要因は、それぞれの3つの就職、再就職支援サービスは、それぞれ違う求人を扱うからです。

 

3つのサービスで重複する求人もあるでしょう、しかし全く違う求人が、それぞれにあるならば利用しない手はないと考えます。

 

しかし転職エージェント、転職サイト、ハローワークの3つの中で、最も転職の成功率を上げてくれるサービスは間違いなく転職エージェントです。

 

3つの支援の全てを使うべきですが、転職エージェント以外の2つの支援は使わずとも、転職エージェントのみの活用で他の2つの転職支援はカバー出来ます。

 

引き続き、私の経験に基づく転職エージェントの活用方法、メリットなどをご紹介します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク