転職エージェントの非公開求人は不採用に関する情報が手に入る

転職エージェントの非公開求人応募では不採用でも次回に活かせる

学校事務職員への転職活動をしているものの、なかなかと成功に結ばない人も結構多いものです。

 

自分が転職先に希望する条件と相手の要求が大きく合わないミスマッチの場合もあれば、惜しいところで不採用になるケースもあります。

 

その合否ラインについては、求職者では分かりにくい、予測できないラインです。

 

 

合否ライン・不採用の理由が判明しない

貴重な不採用に関する情報

貴重な不採用に
関する情報

自分自身で学校事務職員の求人を見つけ応募した場合で不採用となった際、なぜ不採用なのか明確な理由が告げられないケースが多く、失敗経験を次回の転職活動に活かせないという事態になります。

 

しかし転職エージェントから個人的に受けた紹介求人であれば、不採用の原因が分からない、合否ラインが何処だったのかなどの悩みを持つ事にはなりません。

 

待遇や条件の良い中途採用の求人では、求人に対して応募者が多いため、選考側の負担が大きく非公開求人とするケースが多くなっており、転職エージェントは担当の会社から依頼された求人にマッチする人材を探し、その人に個別に非公開求人をオファーします。

 

以下のページでご紹介している転職エージェントの利用をお勧めします。

 

エージェント自身にも必要な不採用の情報

求人オファーに対して転職希望者が求人応募する際、求人を紹介した担当エージェントは転職に成功して貰うために最大限の努力をします。

 

たとえ冒頭に書いたように、少しのミスマッチで不採用となった場合でも、それを次回の求人応募に活かす、失敗を糧とするために、何が良くなかったのか、何故不採用だったのかを調べます

 

何故ならば、それらの情報を集積する事でエージェントも転職成功率、採用成功率を上げたいからです。

 

自分の仕事の成功率を上げるため転職エージェントは最大限、採用、不採用の要因の情報を収集し、それを求人応募者にフィードバックしてくれます。

 

不採用であった場合、その反省点を反映し、次回の求人応募に対して自己PRを改善したり、面接対策をエージェントと共に行えるのです。

 

学校事務職員への転職に挑戦する際、非常に強い味方となってくれるのです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク