学校事務職員として心得るべきこと

学校事務職員として心得るべきこと 記事一覧

学校の運動会
学校で子供と接する仕事がしたい / 子供の安心安全を最優先に考える

幼稚園児から小・中学生、高校生ぐらいまでの未成年者を対象とした「学校」の職員として勤務することを望む人では、「子供と接する仕事」がしたいというのが動機理由となるケースが多くなっています。子供たちの成長に関わる「学校」という現場は、「子供と接する仕事」の中でも特にやりがいを感じられる印象があると思います。現場の「大人」として児童・学生に接することを心がける子供の安心・安全を最優先に「学校」の性質や規...

続きを読む
校舎の階段
学校で多くの人と関わり支援する仕事がしたい / 生徒の満足度を意識

年齢に関わらず「多くの人と関わる」、また「人を支える」仕事として「学校」の職員を志望する人も多いようです。「学校」を運営する上で、受付をはじめ説明会や体験会の実施、生徒や指導者の管理などその業務は多岐にわたります。もちろん、直接人と関わる事が少ない業務もあります。しかし、どのような業務であっても、それぞれの目標を達成しようとする学生・生徒を支援する仕事の一端であるという意識が大切だと思います。ここ...

続きを読む
学校の運動場
学校で教育・人材育成の仕事がしたい / 進化が求められる魅力的分野

「教育」「人材育成」というと、やはり「人」がテーマとなりますが、どのようにして限られた期間や予算内で目標を達成させるのか、また、より良い人材を輩出する環境作りはどうすれば良いのかなど、「教育」や「人材育成」のシステムそのものに関わる仕事を希望する方は、指導者よりも「学校」の運営や経営の方に携わりたいと考えると思います。より自由度が高いのは学校法人や民間が経営する「学校」就職問題を直視するかつて国公...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク