私の体験 国公立学校の事務職員

私の体験 国公立学校の事務職員 記事一覧

教室の黒板
私が学校事務職員となった経緯 / 公務員試験を受け合格し採用される

私の場合は、転職で国立の学校の職員となりました。ただし、事情があって本来応募した部署とは異なる部署で勤務することになったのです。人と接する仕事を希望して「学校」を選択人と接する仕事を希望私は元々、多くの人と接する業種に就くのが希望で、この「学校」に応募する前もサービスの分野で勤務をしていました。ですから、全く想定外の部署での勤務を打診された際にも、断るつもりはありませんでした。応募のきっかけはハロ...

続きを読む
体育館の跳び箱
学校事務職員の仕事内容 / 一般事務業務から学校ならではの仕事

既にご説明していますが、「事務補佐員」という非常勤職員の立場でしたので、文字通り正規職員の補助業務が主な仕事でした。ただ、学校という職場環境と事務局内の体制の関係で、就業当初から色々と仕事を任されました。臨機応変且つ迅速な対応が必要一般的な事務業務最初は、エクセルへの入力作業や資料の整理など、その時々にできる作業をできる事から行っていましたが、数日後には具体的な書類作成を指示されるようになりました...

続きを読む
学校の廊下
学校事務職員で仕事で得たもの / 生徒を預かっているという責任感

毎日のように来校者があり、休憩時間や放課後には生徒達の賑やかな声が聞こえ、仕事をする環境としては静かに落ち着いたという感じでは決してありませんでしたが、業務は多岐にわたりやりがいも感じられました。その一方で、「学校」で働くということについて、とても考えさせられました。様々な業務を経験生徒を預かる責任感私の職場での立場は、いわば"何でも屋"の状態でした。『実際の仕事の内容について』でも触れましたが、...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク