新卒・第二新卒で学校事務職員になる

新卒・第二新卒で学校事務職員になる 記事一覧

学校の図書館
学校事務職員の採用方法・条件は設置者・運営者によって違う

新卒・第二新卒で希望する就職先が「学校」であっても、職員や社員として採用されるための方法は他の職業と、おおむね変わりません。その「学校」の設置者(運営者)によって決まります。公立の「学校」の場合設置者・運営者によって違う公立の「学校」の事務職員を目指すためには、各都道府県で実施される採用試験に合格しなければなりません。義務制である小・中学校の事務職員については「学校事務」などの受験区分が設けられて...

続きを読む
学校のプール
学校の事務職員として働くか教員や指導者を目指すのか

「学校」への就職に際し、当初は指導者を目指し、教員やインストラクターとなれる資格や技能を取得したものの、実際に指導者となるか後方事務系職員になるか、迷っているという人は少なくありません。また、最終的には指導者を目標としながら、違う立場で「学校」現場を経験するために、事務職員として勤務しようと考える人もいるようです。専門知識や技術があることがマイナスになることはない役に立つ専門知識や技術ある分野の専...

続きを読む
職員のホイッスル
学校職員で採用されるために大切な基本は期待するビジョン

「学校」に採用されるにあたり何が大切かということは、個々の「学校」によって違ってきます。数ある「学校」の中で、なぜその「学校」への就職を希望するのか。そして、自分がその「学校」で何がしたいのか、また、その「学校」をどう発展させるのか。採用する側に興味や期待を持たせる自分なりのビジョンを明確にできるかどうかが、重要だと思われます。「公立」学校の職員はあくまでも公務員自分のビジョンを明確にただ、冒頭に...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク