転職・再就職で学校事務職員になる

転職・再就職で学校事務職員になる 記事一覧

職員室
転職再就職で学校事務職員となる際の設置者・運営者の採用方法

転職や再就職先に「学校」を希望する際、希望するのが「学校」だからといって特別な事はありません。新卒・第二新卒と同様に、「学校」の設置者(運営者)によって採用方法が異なるだけです。公立の「学校」の場合転職者枠を狙う「公立」の学校の職員となるためには、いわゆる地方公務員試験を受けることになりますが、受験できる年齢でさえあれば、転職かどうかは関係ありません。小・中学校の職員は「学校事務」などの受験区分が...

続きを読む
教室
学校事務職員の転職再就職と新卒との違いは即戦力と適材適所

転職者、再就職者が学校事務職員として中途採用される際、新卒で採用される場合と大きく違うのは、即戦力として求められているという点です。それまでの経験を組織運営に活かすことを期待されています。これはどんな業種であっても変わらないでしょう。どんな経験があるかよりも経験をどう活かせるのか転職者を積極的に採用する学校即戦力となれば、同じ業界や類似した業種での経験はもちろん強みになるでしょう。けれど全く関わり...

続きを読む
二宮金次郎の像
学校事務職員の転職再就職に大切な基本は自分と学校を知る事

前頁の、「学校事務職員の転職・再就職と新卒との違いは即戦力で適材適所という面」でも述べたように、転職者に求められているのは身につけた経験やノウハウによって即戦力となること、また、それまでに無かった新たな価値観や考え方などです。「学校」の求めていることに真に応えられるのか自分を知り学校を知る社会人枠や転職者枠で求人や採用が行われる際、必要になった時に適宜実施される場合の求人と、新卒者と同じように定期...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク