転職再就職で学校事務職員となる際の設置者・運営者の採用方法

学校事務職員の転職者枠・転職サイト・紹介予定派遣の活用がお勧め

転職や再就職先に「学校」を希望する際、希望するのが「学校」だからといって特別な事はありません。

 

新卒・第二新卒と同様に、「学校」の設置者(運営者)によって採用方法が異なるだけです。

 

 

公立の「学校」の場合

転職者枠を狙う

転職者枠を狙う

「公立」の学校の職員となるためには、いわゆる地方公務員試験を受けることになりますが、受験できる年齢でさえあれば、転職かどうかは関係ありません。

 

小・中学校の職員は「学校事務」などの受験区分が設けられている場合が多く、高校以上の「学校」の場合は、教育系の事務として区分される場合と、役所の職員等と同じ一般行政職に区分されている場合と、まちまちです。

 

受験を希望する都道府県の応募要項を確認してください。

 

独立行政法人化した「学校」の場合

独立行政法人化した「学校」については、かつての国家公務員試験から移行した統一試験・「国立大学法人等職員採用試験」を実施している「学校」が多数あります。

 

こちらも受験可能な年齢であれば、転職である事などは無関係です。

 

また、統一試験と並行して独自に"転職者枠"での採用を実施している「学校」もありますので、統一試験を受験できない年齢であっても諦めず、個々の「学校」の採用状況を確認してみてください。

 

民間運営の「学校」の場合

民間が運営する「学校」の場合、基本的には独自採用であり、転職サイトや転職フェアなどで求人募集しているところが多数あります。

 

独立行政法人「学校」も中途採用を実施するところが増えています。

 

こちらのカテゴリー「転職サイト求人に応募し学校事務職員になる」でもご紹介していますが、求人情報をいち早く入手し応募することをお勧めします。

 

転職の場合、新卒と同じように決まった時期に採用が行われる場合と、必要な時に募集する場合がありますので、幅広く情報を収集しましょう。

 

派遣及び非正規雇用について

転職者の中には、働き方の一つとして派遣を選択する人が少なくありません。。

 

数ある派遣会社の中には、特色として「学校」を中心とした学術関係機関に強い会社もあります。

 

さらに、派遣には"紹介予定派遣"という、一定期間は派遣会社との契約で働いた後、派遣先との直接雇用になる事を前提とした派遣のスタイルがあります。

 

紹介予定派遣については、こちらの「紹介予定派遣から学校事務職員になる」で詳しくご説明していますので、是非参考にして下さい。

 

ただし、直接雇用になった際、非正規雇用(パートなど)となる場合も少なくないのですが、正規雇用で働く必要が無いのであれば、これも一つの方法です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク