紹介予定派遣で学校事務職員の実務を通し合う仕事をチェック

紹介予定派遣の期間は最長6か月で学校と派遣会社の法人契約

ご紹介しています紹介予定派遣は、実際に職場で働くことで、事前に仕事や環境がチェック出来るという大きなメリットがあります。

 

「学校」という職場では、こちらの「学校の事務職員として働くか教員や指導者を目指すのか」でお伝えしたように、教員や指導者という業務が自分に適しているのか、それとも事務職員が向いているのかという課題が付きまといますが、それを事前にチェックできることは、長い目で見れば非常に大きなメリットといえます。

 

 

紹介予定派遣について

Jobrilliaでの検索結果例

Jobrilliaでの検索結果例

紹介予定派遣での就労期間は、3ヶ月から6ヶ月が最も一般的で、最長6ヶ月間の範囲内で設定されます。

 

派遣サービス会社から提示される給与や労働条件を確認し、就職したいかどうか返事をします。

 

もし条件などが自分の考えとマッチしない場合は、断ることも出来ますし、派遣期間が終了した時点で、その学校で正規の社員として働くことを希望しない場合も、断ることは可能です。

 

紹介予定派遣として登録を

紹介予定派遣として「学校」に勤務するには、紹介予定派遣を取り扱う派遣サービス会社と雇用する「学校」との法人契約が必要です。

 

つまり、個人で紹介予定派遣として「学校」と契約し、就労することは出来ないシステムとなっています。

 

次頁で、「学校」派遣でお勧めの派遣サービス会社をご案内しますが、登録する際には、一般の派遣社員ではなく、「紹介予定派遣」を希望することを明確にして登録をします。

 

登録が完了しますと、希望に合う紹介予定派遣の「学校」が見つかった場合、派遣サービス会社から連絡が来ます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク