学校ならではのトラブル / 生徒・家族・教職員の人間関係トラブル

学生・生徒同士の人間関係と生徒やその家族と教職員との人間関係

不特定多数の人間をまとまった期間、同じ場所で預かる「学校」という環境ならではのトラブルといえば、そのほとんどが人間関係にかかわることと言っていいでしょう。

 

そして、学生・生徒が若年層になるほど、そこへ保護者も関わって複雑な問題に発展することも少なくありません。

 

 

学生・生徒同士の人間関係

人間関係のトラブル

人間関係のトラブル

いじめなどは論外としても、色んな人が多く集まれば気の合う者同士でグループができ、意見の違いなどで対立したり、変に派閥のような感じになってしまったりすることは有り得ることです。

 

また、未成年で幼くなれば、なんでもないような理由でケンカになったりもします。

 

それは前提として考えておかなければなりません。

 

ケガ人が出てしまうと事態は深刻になります。

 

生徒やその家族と教職員との人間関係

学生・生徒同士だけでなく、生徒やその家族と指導者・職員との人間関係も非常に繊細でこじらせてしまうとトラブルに発展します。

 

指導者側にそのつもりがなくても、受け取る側がそう感じてしまえば、パワハラやセクハラになってしまいます。

 

一般の企業以上に気を遣う必要があるでしょう。

 

また、近年顕著になっているモンスターペアレンツの問題もこうしたトラブルの典型です。

 

さらに、学生・生徒と教職員との恋愛・交際という全く逆の心配もあります。

 

当人同士のことだと言えばそうですが、サービスを提供する側とされる側という関係性がある以上、社内恋愛などとは違い大きな問題となる可能性もあります。

 

本当の意味での適切で良好な人間関係、信頼関係の構築はとても難しいことです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク